小6受験生用の算数復習のまとめ本(ベストチェック・塾技など)比較

塾のテキストが使いやすいなら、それを使うのが良いです。すぐに思い出せたり、以前苦手だった場所が分かったりと効率的に学習できるからです。

一方、塾のテキストが使いやすくなかったり、難しくて学習が進まない場合は、市販のまとめ本を購入して復習することになります。

ココでは三種類紹介します。

「ベストチェック(日能研)」

1項目2ページ。左ページが例題と解説で右ページが問題になっている。これが全70項目で合計140ページある。

まとめ本の中では比較的薄い本なので全範囲の基礎・基本を見直すのに便利で定評がある。

図1:ベストチェックの目次

まとまっている

長所

特にすぐれているのは「必要最小限度で済ませたい」という人のために?最初に「弱点診断テスト」がついているところ

これを試しに解いてみて、間違えた項目を優先して学習すれば良い仕組みになっている。

短所

欠点は右ページの問題の解答はあるが「解説」がないところ。つまづくと自力では先にいけなくおそれがある。

基礎が抜けている人は、この次の「算数の基本問題」が良い。

「算数の基本問題(日能研)」

ベストチェックと同じ日能研が出している本。1項目が要点・A問題・B問題という3部構成(3~5ページ)になっている。

図1:ある単元の構成

問題が結構ある

一冊約20項目で合計約80ページになる。

図1:小5用の目次

こんな感じです

長所

ベストチェックと違い問題の解説があるので基礎が怪しい人でも安心。

短所

「小4」「小5」「小6」と3冊に渡っているので時間がない人はやり方を工夫しないと終わらない。

ケチらず3冊購入して「小6」に取り組み、弱点と思われる分野は「小5」「小4」に戻るのが良いでしょう。

「塾技 算数100(文英堂)」

ベストチェックをパワーアップしたような本で、けっこうな厚みがある。正直言ってまとめ本というよりはメインテキストという感じだが、1冊にまとまっているので紹介。

ベストチェックと同様に、1単元2ページで左が例題と解説、右が問題という構成。

図1:単元の構成

ベスチェよりもキレイですね

これが100単元で合計200ページになる。

長所

説明がカラフルで細かいので分かりやすく楽しくなるかも

100単元あるので網羅性が高い

短所

分厚く多いので短期間に終わらせるのは難しい

単元の並び方が少し特殊で、数の問題が一番後ろにある。

番外編:四科のまとめ(四谷大塚)

四谷大塚の会員登録をすれば購入できます。

予習シリーズで定評のある四谷大塚製なので内容はお墨付きです。

まだお悩みの方へ

対面・オンラインの家庭教師/コンサル(有料)をしております。興味がある方はこちらからどうぞ。

\ 料金・回数など /
(ページを移動します)

スポンサーリンク

\ まずは無料体験授業でお試し♪ /

小学講座
月額980円(税抜)で授業動画を見放題


コメント

タイトルとURLをコピーしました