中学受験】4年時に気をつけることは?「穴」を作らない正しい学習法

小4中学受験生を持つ保護者のあなた「無事入塾できたし、後は塾の授業と宿題をきちんとやっていれば大丈夫♪」と思っていませんか?

甘いです!実は4年次の学習が5年6年入試を左右するのです。比較的余裕がある4年次に時間と手間をかけて正しい学習で「攻めた」ご家庭は5年で内容が難しくなっても「守る・耐える」ことが出来て6年から再び「攻め」に転じることができますが、4年次を無駄に過ごすと5年6年が「防戦一方」になってしまいます。

ここでいう「攻め」は先取り学習だけをさすのではありません。塾の宿題をこなすだけでなく、あえて試行錯誤を重ね「正しい学習方法・復習方法」身につけておくことを指します。

この記事では、東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が4年時に身につけるべき学習・復習方法を分かりやすく説明します。出来ることから真似すれば2年後の入試本番でもベストの結果を残すことができるでしょう。

算数

算数は5年になると難しくなって苦戦することが多いです。そうならないように、またはそうなっても守りきれるように4年から準備をしておきます。

全般

正しい解答方法を確立する

とにかく「手を動かす」ことが大事です。

問題を解く際は答えだけでなく、途中の思考過程を式や図などに簡潔に表現する習慣をつけましょう。「答えができていても途中式や図が書いていないのは90点」くらいの評価がちょうどいいです。

頭の中でなんとなく考えて正解するという勉強を続けていると、そのお子さんにとって一発解答が難しい単元が出てきた時に、一気に解けなくなり苦手単元になってしまいます。

正しい学習方法を身に着けているお子さんの場合、一発解答が難しい場合でも自分の書いた途中過程をヒントに考えて解答を導いたり、最悪でも途中までを書いておけば後で復習して理解できることが多くなります。

正しい学習法を確立するのは手間もかかりますが、内容が難しくなるにつれて他の生徒より頭一つ抜き出る可能性がどんどん高くなっていきます。

復習素材を作っておく

4年の間は既習単元がさほど多くないので、学習をする時には復習するときに見直すカード等の「復習素材」を作っておきましょう。

「素材」と言っても、そんなに大げさなものではありません。

複数単元にまたがるテストの前に復習をしながら、テキストを参考に「公式」や「問題を解くときの注意点」を簡潔にまとめます。一単元につきA4サイズ1枚以内が目安です。

「数」「特殊算(文章題)」「図形」などの分野ごとにまとめておくと、同じ分野の続き単元の「予習」に威力を発揮します。

自分ではどうしても作れない、という場合はコンパクトなまとめの本を購入して付せんをはさんで日付や塾のテキストのページを書き込んでおきましょう。

塾別ガイド~日能研4年

傾向

日能研はカリキュラムが一番ゆっくりで、特に4年の春はかなりのスローペース(中途入塾者への配慮?)。またテキストの単元が同じような分野でまとまって連続する傾向があるので頭への負担が少なく、余裕があるように見える。

一方で、日能研のテキストは例題→基本問題→応用問題というようなレベル分けが明確にされておらず、また公式などをまとめるパートもない。

そのため、後から復習しようと思っても、どこから始めれば良いか分からず、ハッキリ言って復習しづらい。

つまり授業を受けている時は分かりやすいが、後から思い出そうとすると「あれ…忘れた。どこを復習すればいいの。分からない」となる恐れがある。

そこで、後で困らないように毎週の学習時に最低限度の知識・公式を復習素材にしておくのが望ましい。

前期(2月~7月)

「数の計算と若干の割合・規則性(~5月連休)」→「図形(~6月末)」→「本格的な規則性」という具合に無理の無いペースで、しかも同じ分野が固まって出てくるので余裕があります。

①数と量()
➁わり算と1あたりの量()
➂大きな数の加減乗除()
④四則混合計算()~正しい順序でできるようにカッコをつけるくせを
⑤□を使った式()~計算例を書くなど確実な方法を身につける
⑥四則混合逆算()~後の問題で使うので3つの数の逆算はスラスラできるように
⑦小数と計算()~小数までの四則計算を早く正確にできるように

⑧百分率()~他塾よりも速く出てくる。頑張って歩合も含めた予習をして復習素材にしておくと5年の飛躍につながる

⑨数え方・植木算()~図をサッと書いて考える練習をした上で、基本ルールだけを復習素材に

⑩数の範囲・がい数()~ルールを図式化したものをカードにしておくと良い。

⑪長さ()
⑫長方形正方形の面積()~面積の公式と逆算の問題を復習素材に。
⑬角・平行線()~錯角の公式と折れ線の例題を復習素材に。
⑭三角形と角()
⑮三角形・平行四辺形の面積()
⑯台形・ひし形の面積()
⑰多角形の面積()~難しい問題も入っているが、それよりも他の塾のテキストにある角度の問題が無いので「多角形の内角・外角」を補充して復習素材に

⑱周期と余り(周期算)()
⑲等差数列()~他の塾では学ぶはずの「数列の和」がないので独習しておくと良い。
⑳方陣算()

「三角形」「方形」「四角形」は図形を組み合わせた難しい問題も入っているが、(基本公式を復習し続ければ)時間が経てば「そのうち」できるようになるので焦らない。

「多角形の求積」は

図形などは実際に書く練習をする

規則性

「数え方」「植木算」ではしておきましょう。

「周期算」は図を書き区切って考える練習をする。その上で2つの基本公式(N番目の数の位置、位置からN)と例題3つ(N番目の数の位置、位置からN、N番目の数までの合計)を復習素材にしておきましょう。

「数列」は重要分野です。テキストでは「数列の和」が出てこないので(私のサイト等で)先取り学習をして、2つの基本公式(N番目の数、数列の和)と例題3つ(N番目を求める問題、Nを求める問題、和を求める問題)を復習素材にしておきましょう。

「方陣算」は(私のサイト等を参考に)「区切り図」「うずまき図」を書いて最外周の石の数を出せるように練習します。またテキストには「中空方陣」がないので(私のサイトなどで)予習しておくとよいでしょう。その上で基本公式(中実方陣、最外周、中空方陣)と例題をカードにしておきましょう。

後期(9月~1月)

 

塾別ガイド~四谷Wアカ

特徴

 

詳しくは「4年次塾別算数学習法~予習シリーズ」を見て下さい(会員様専用記事。こちらから会員登録をして下さい。)

塾別ガイド~SAPIX4年

特徴

詳しくは「」を見て下さい(会員様専用記事。こちらから会員登録をして下さい。)。

国語

 

理科

 

社会

これを得意科目にできると算数国語の不調をカバーできる。

地理

完成させる

多くの塾では5年途中まで地理をゆっくり学習し、そのあと歴史が急ぎ足で始まります。受験学年の6年になっても政治経済のインプットが続き、同時に入試過去問への取り組みが始まります。

つまり、あとで地理をゆっくり復習するヒマはありません。

ですから4年の間に地理を完成させておくのが必要。受験レベルまで持っていくつもりで学習します

学習方法

主要な海・島・山・川・湾・平野と都道府県・県庁所在地を覚えて、頭の中に記憶の「棚」をつくる

気候や産物・産業等の知識を上記の「棚」に入れていく

受験レベルまで細かい知識にも「触れておく」

復習の準備

地理学習には余裕があるので、テスト前に復習だけの期間を作り、その時に1冊・一つの教材で復習する練習をしておきましょう。

復習の質が上がるのはもちろんですが、それだけではありません。

復習を意識すると「後で復習しやすいように~しておこう」という感じで学習方法にフィードバックされ、理社全般での学習効率が上がることが多いのです。

歴史

地理に比べて急ぎ足で学ぶので、予習をしておくのが良い。

漫画などで歴史(のある時代・ある人物)に親近感をもたせるのが簡単。とっかかりができれば、そこから全体へと興味が広がることもある。

遅れを取り戻す方法

休みを活用

多くの塾では休暇期間はカリキュラムがストップして予習と復習を行います。この期間を「能動的に」活用しないと遅れを取り戻せません。

優先順位は復習>予習です。理解不足の単元・苦手単元が残っている場合は、塾の講習とは別に家庭で重点的に復習して、復習素材を作っておきます。

塾の講習に参加するなら予習はそちらに任せます。

休みの活用が難しい場合

サピックスのように講習中もカリキュラムが進んだり、校舎の方針で講習中に予習をガッツリ行う場合があります。

このような場合は、休みの期間にリカバリーするのが難しいので、通常期間に弱点補強をする余裕を作っておかないといけません(大変です…)。

まだお悩みの方へ

「悩みが解決しない」「ウチの子に合った方法を知りたい」という方は管理人「そうちゃ」にメールやツイッターで相談してみませんか?可能な範囲でお答えします。

\ 相談は無料です /
(フォームが開きます)

ツイッターのダイレクトメールも受け付けています。「そうちゃ式のサイトを見た」と書いてもらえると助かります!

また対面・オンラインの家庭教師/コンサル(有料)もしております。興味がある方はこちらからどうぞ。

\ 料金・回数など /
(ページを移動します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました